ドライバーの副業

ドライバー

副業として人気が高い職種はいろいろありますが、意外と盲点になっているのが、「時間帯が早い副業」と、逆に「遅い副業」です。もちろん、新聞配達、牛乳配達、パチンコ店、コンビニ、ファミリーレストラン・・・という具合に、各職種のスタッフとしての「早朝」もしくは「深夜」のアルバイトは比較的定番と思われる職種が多いことは多いですが、しかし、まだまだ盲点となっている職種もあります。その代表的な仕事が、「ドライバー」の仕事です。

普通自動車運転免許さえ持っていれば、多くの場合、「ドライバー」として働くことも十分できます。もちろん、一般的には日中に本業をこなしているわけですから、その前、もしくは本業が終わったあとのドライバー業務ということになります。

「夜」のドライバー業務で思い当たるところでは、やはり「学習塾生の送迎」や、「宴会場、ホテルなどの送迎」でしょう。また、ちょっと変わったところでは、いわゆる「デリバリーヘルス」のスタッフの女の子を送迎するというのも、特に自給的にはかなり良いというイメージがあります。

また、早朝の送迎ドライバーというのはなかなか案件がありませんが、しかし、多少本業のスタートを遅らせることができるのであれば、たとえば「幼稚園児の送迎」というのも悪くないでしょう。終わりの時間に関しても同様に、本業のほうが早じまいできるとすれば、「幼稚園児の夕方の送迎」という作戦も当然考えられます。

ドライバーの場合、いわゆる「マイクロバス」の運転をすることから、普通免許を持っている人であっても、けっこう敬遠する人が多く、ドライバーとしての需要は比較的高いと考えられます。ですから、ある程度運転に自信がある、運転が好きという人は、チャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

日雇い副業にはどんなメリットがあるのか

副業の選択肢の1つに、日雇いの仕事をする方法もあります。
日雇いの仕事は、基本的にはその日1日だけ働くことになり、仕事が終われば給料をもらうことができます。
仕事の内容や勤務時間になりますが、おおよそ7千円から1万円程度の収入を得ることができます。

さて、日雇い副業のメリットについてですが、まず時間の都合がつきやすいという利点があります。
基本的には、自分が働ける時にだけ働くことができるので、普段の仕事に支障を与えることがないのです。

もしも、週に何日かの勤務が必要な仕事だと、シフトの問題もあるわけですし、なかなか都合がつかないことも多いのです。
日雇いなら、そのような心配を一切しなくていいので、安心して働くことができるのです。

また、その日に給料をもらうことができるので、すぐにでもお金がほしい人にとっても、非常に有難い存在だと思います。
普通は、給料の支払いは翌月になることが多いですが、日雇いなら即日でもらえるわけですから、そこも大きな魅力だと言えます。

そして、仕事の種類もかなり幅広いですから、自分がやりたい仕事を選べるメリットもあります。
軽作業からちょっとしら肉体労働、接客や販売などの仕事もあるので、男女問わず自分に合った仕事ができるのです。

あとは、いろんな仕事をやることで、いろんな経験をすることができますし、幅広いスキルを身に付けることもできます。
もしかしたら、それが今後の人生において役立つかもしれないので、そういう意味でもやる意義は大きいかと思います。

欠点としては、自分が希望する日に必ず仕事があるとは限らないので、確実に安定した収入を得たい人には、少し不向きかもしれません。
また、場合によっては少し遠い勤務地になることもあるので、移動などに多く時間を取られる可能性もあります。

ですから、日雇いの副業が誰にでも合っているとは言えませんし、人によって合う合わないはあると思います。
いずれにしても、まずは一度働いてみて、それでもし自分に合うと思えば、そこから本格的にやっていけばいいかと思います。

少しでも高い報酬を得るために

ライティング業務の副業をする人も近年は増えてきています。
いろんな記事を執筆する仕事なのですが、自宅にいながら仕事ができるいうこともあり、副業としてはかなり人気があるのです。

さて、この仕事で稼げる報酬に関しては、その人のスキルによってかなり左右されます。
例えば、1記事500文字150円の案件の場合、1時間に6記事執筆した場合は、時給に換算すれば900円になります。
しかし、もし1時間に7記事執筆することができれば、時給換算で1000円を超えるわけです。

より早く記事を執筆するためには、タイピングスピードも大事ですし、いかに効率的に記事を書けるかも大事になってきます。
また、自分の得意ジャンルや詳しいジャンルの方がスムーズに書けると思うので、多ジャンルの知識を持っていれば有利だと言えます。

そして、同じ文字数でも、1記事150円よりも1記事200円の方が、より多く稼げる可能性は高くなります。
もちろん、報酬が高い案件になると、それだけ濃い内容が求められますし、ある程度の専門知識も必要とされるので、慣れるまでは大変かもしれませんが。

このように、ライティングの副業で少しでも高い報酬を得るためには、自分自身のスキルアップと努力が重要となるのです。
どれだけ頑張っても基本的に時給は同じ仕事と違って、この仕事は頑張り次第ではかなりの時給を目指せるのです。

ただ、高い報酬を目指すことも必要かもしれませんが、あくまでも副業としてやるわけですから、決して無理をしてはいけません。
本業の方で疲れているのに、無理に多くの仕事を引き受けてしまうと、さらに疲れを増大されることなってしまい、結果的に本業にも副業にも悪影響を与えかねないのです。

ですから、スキルアップや高収入を目指すにしても、余裕のある範囲内で行うようにしましょう。
くれぐれも、副業にばかり意識が集中してしまい、本業の方を疎かにしないよう注意しましょう。

ライターの副業は適切な仕事量を選ぶ

副業でライターの仕事をする人も多いですが、この仕事のいいところは、自分の空いた時間に好きな分だけ作業をすることができる点です。
例えば、あまり時間に余裕がないなら、月に50記事程度に抑えてもいいですし、余裕があるなら月に200記事や300記事執筆してもいいわけです。

案件によっては納期が設定されますが、それでも納期までに間に合えば問題ないので、仕事自体はいつどこでやっても構わないのです。
休日に家でコツコツやってもいいですし、本業が終わった後にカフェに立ち寄って、そこで少し仕事をすることもできるのです。

さて、ライターの副業をする際に1つ注意しなければいけないのが、自分に適切な仕事量を選ぶことです。
先程も言いましたが、もし納期が設定されるのであれば、納期までに引き受けた仕事を納品しなければなりません。

もしも、かなり忙しい時期に、100記事や200記事も引き受けてしまうと、納期までに間に合わなくなる可能性があるのです。
もし納期に間に合わないと、そこで契約を打ち切られてしまい、もう仕事を依頼してもらえなくなるかもしれないのです。

かと言って、納期に間に合わせるために、毎日夜遅くまで作業に取り掛かってしまうと、寝不足や疲労困憊状態になるでしょうから、そうなれば本業の方にも悪い影響を与えかねないのです。

ですから、必ず無理な仕事量は引き受けないようにして、自分にとって適切な仕事量を選ぶようにしましょう。
急な残業や休日出勤の可能性があるなら、少なめの仕事量を発注してもらうのがいいでしょう。

いずれにしても、まずは自分がどれぐらいの仕事量を1ヶ月で行えるのか、そこを把握しておくようにしましょう。
最初は少なめに発注をしてもらい、もしかなり余裕があると感じたなら、次回からは少し多めに発注してもらうといいでしょう。

くれぐれも、最初からいきなり無理な量は引き受けないようにしましょう。

Copyright(c) 2010 稼げる副業を一覧にして紹介 All Rights Reserved.